せどりに美味しい季節です。

  • せどりに美味しい季節です。 はコメントを受け付けていません。

この記事は2分で読めます

2015-03-16_164244

こんにちは。のりをです^^

 

最近はあちこちの小売店でで決算セールやら

春のお買い得市といったセールが行われていますね。

 

我々せどりをする人間には仕入れのチャンスが多く、

またとない機会とも言えますよね。

 

なぜ春というか、この季節は我々にとって

美味しいのかというと、これから新生活を

始める人たちが増え、それに合わせて各小売店も

あの手この手で売り上げをあげるべく色々な

施策を行います。

 

それに伴い、集客が多くなるので、

これまで売れなかった商品を格安で

処分してくれたり、またはこれから売れる商品を

客寄せのために格安でチラシに載せ集客し、

その商品だけではなく、他の商品をついでに

買ってもらおうとするからです。

 

ほとんどの小売店は、売上予算を前年よりプラスで

組んでいるので、売るのに必死になります。

 

ですからチラシ期間などは、売上予算も多めに

組んでいるので、価格交渉すると意外と簡単に

安くしてくれたりします。

 

ここで大事なキーワードなのですが、

先ほど記載した【前年よりプラスの予算】

というキーワードは、小売店だけではなく

製造メーカーも同じです。

 

メーカーも前年より多い予算を組んで

商売しているので、なんとか商品を店頭に

並べるべく、その小売店のバイヤーに

買ってもらえるよう交渉します。

 

でも現実は前年より売り上げを上げるのは

どこの小売店も苦労しています。

 

理由は簡単で、地方であれば人口流出で

客数が伸び悩むし、都会であれば同じような

お店がどんどん新規出店し、他の店と差別化

しなければ中々勝ち残ることは難しいと

言えるからです。

 

ここで大事な事なのですが、小売店、メーカー共に

前年ベース以上で予算を組んでいるという事は

前年より多く在庫を抱えて商売しているという事です。

 

100%そうとは言い切れませんが、

競合店舗が近くにたくさん出店したとか

そういった市場環境が大きく変わらない限り、

ほとんどは前年より多めの予算だといえます。

 

でも実際はそんなに甘くなく、売れ残る

商品が出てきます。

 

そこで我々が、その残った商品を美味しくいただける。

 

その地方では売れない商品も、全国のどこかには

その商品を探している購入者がいるので、それを

アマゾンや楽天、ヤフオクなどで探し出して

購入するわけです。

 

どこもかしこも【在庫】というリスクは

常に悩みの種ですので、お店側がイケイケの時期は

遠慮なく価格交渉して利益を多く上げるように

したいですね。

(言うだけただですので^^)

 

PS

こっちが客だからといって

あんまり横柄な態度で価格交渉しては

だめです。

店員さんも人間なので、印象が良い

お客さんには【何とかしてあげたい】

といった感情になりますので、そこは

やんわりと安くしてくださいと

お願いしましょう。

 

 

 
今回のこの記事、良かった!!という方はクリックしてもらえると
励みになります。^^


人気ブログランキングへ
それではまた

  • 2015 03.16
  • せどりに美味しい季節です。 はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016-02-10_220142
  2. 2015-04-04_203138
  3. PAK86_hizasigamabushiisakura20130323500
  4. 2016-04-05_102357
  5. 023
  6. ptkXISfbih4Mf_S1440248300_1440248368
コメントは利用できません。

LINE限定情報はこちらから

2016-02-14_162721

管理人 のりを

BNt0_uqlpb3LSYx1448468911_1448468948 (1)

ネットビジネス専業でごはんを食べています^^
釣りとライブ鑑賞と温泉旅行が大好きな44歳。

どこにでもいる平凡なサラリーマン生活を送っていましたが、2011年の東日本大震災がきっかけで独立し起業しました。

そして2012年11月より【せどり】を始めたところ、2ヶ月目で月収85万を達成してしまいビックリ!

そして2013年12月には節税のために法人化。

今では週2,3日の労働ですが、
月平均の利益が100万を超えています。
普段は好きな時間におきて、昼は奥さんと美味しいランチめぐりを楽しんでいます。

詳細なプロフィールはこちらからどうぞ。

のりを実績

動画はこちらから

ツイッターはこちら

カテゴリー

過去の記事はこちらから

おすすめ価格改定ツール

file2_55376